父の庭先から『夕立』

日が刺したと思う間もなく、一瞬にして、豪雨となる。
屋根を激しくたたき、あっという間に庭を海にしてしまう。

慌てたアゲハが、高く高く舞い上がる。
それじゃ、まともに雨に当たるじゃないか!
もそっと低く飛んで、木立や葉陰に止まればよいものを!

思う間もなく屋根より高くに舞い上がった。
一体どこへ行くのかえ?

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる