父の庭先から『蚊』

梅雨のさなか、晴れ間が出たら出たで、小さな庭でもいろいろな問題が噴出する。

鉢植えなら、まず水を切らせたらこの時期一日で枯れてしまう。水やりは毎朝、毎晩怠ってはならない。

出勤前の10分、帰宅後の30分。群がる蚊の群れと闘いながら水をやる。

まず一瞬でもじっとしていてはならない。近頃の蚊は止まったとたんに吸血する。

ところで、あなたは何と言いますか?蚊に刺された時。

「蚊に刺された」といいますか?

我が家では「蚊に食われた」といいます。

「刺す」と「食う」では全く異なる動作の動詞です。

例えばこの時期、巣作りのために庭を低く飛び交っている蜂は「刺す」のである。

蜂の毒針は尻に有り、攻撃が目的の武器である。ミツバチの針の長さは2mm、スズメバチのそれは6mm、太さは大きいもので0.5mmもあるそうです。

これに対し、蚊の刺し口は頭部にあり、産卵のために栄養分を吸収することにある。

だから刺すのは雌だけだそうだ。実に6本の針で吸血しているそうな!

そう口から吸血されたわけであるから食われた!というほうが表現としてふさわしくないだろうか。

「O型」の血液型は蚊に食われやすいというが、「B型」の私も負けずと食われる!

刺す前に、風味や栄養価がわかるとは思えないものの、おでぶかお痩せぐらいは、わかるもかもしれない。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

6月生まれ
そのせいか、寒さより、暑さに強い
限界を超えた体重に苦慮して、昨年、カーブス入会
見た目より、感傷的で繊細(と自分では思っている)

目次
閉じる